スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2009年1月は何読んだ?

『オバマ・ショック』  越智 道雄 町山 智浩
『ミイラにダンスを踊らせて-メトロポリタン美術館の内幕-』  トマス・ホーヴィング
『利休にたずねよ』  山本 兼一
『田村はまだか』 朝倉 かすみ
『天使の歩廊―ある建築家をめぐる物語』  中村 弦
『ラブレターを読む―愛の領分』  中村 邦生 吉田 加南子
『ロリータ』  ウラジーミル ナボコフ
『ミスター・ミー』  アンドルー クルミー
『アイスクリン強し』  畠中 恵
『ショコラティエの勲章』  上田 早夕里
『狂気な作家のつくり方』 平山夢明 吉野朔実
『危ない食卓―十九世紀イギリス文学にみる食と毒』  新人物往来社
『地球の食卓―世界24か国の家族のごはん』 ピーター・メンツェル フェイス・ダルージオ

オバマ・ショック (集英社新書 477A) (集英社新書 477A) (集英社新書) ミイラにダンスを踊らせて―メトロポリタン美術館の内幕 利休にたずねよ 田村はまだか 天使の歩廊―ある建築家をめぐる物語 ラブレターを読む―愛の領分 ロリータ (新潮文庫) ミスター・ミー (海外文学セレクション) アイスクリン強し ショコラティエの勲章 (ミステリ・フロンティア) 狂気な作家のつくり方 危ない食卓―十九世紀イギリス文学にみる食と毒 地球の食卓―世界24か国の家族のごはん
Comment (-)Trackback (0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。